気を付ける事

タレント養成所のオーディションを受ける時には当然ですが、同じように芸能界を夢見てオーディションを受けに来る人がたくさんいます。タレント養成所ですと、基本的に養成所の一室でオーディションを行うことがほとんどです。形式としてはほとんどがグループで行います。一度に5人~10人ほど部屋に入れられて椅子に座らせられ、そこから審査員に促されて端に座っている人から一人ずつ自己紹介をしていきます。そこで気を付けてほしいのが周りの自己紹介を真似たりしないようにすることです。どうしても他の人がいると意識してしまうかもしれませんがあくまで自分は自分、他人は他人ということを忘れないようにしましょう。審査員は貴方自身を見たいということを念頭に置いておいた方が良いでしょう。

笑顔で明るくやるのが一般的には印象は良いですが、オーディションというのはこれから一般社会ではなく芸能界に入る人を見極める場所なので、無理に作らない方が良いでしょう。媚びを売られていると感じて落とす審査員がほとんどです。ありのままの自分自身を出しましょう。

自己紹介や特技披露でも今できる自分自身を見せた方が良いでしょう。変に取り繕うと自分自身の魅力をぼやかすことになるのでメリットがありません。できないことがある自分自身を恥ずかしがらずにさらけ出せるかが勝負になるでしょう。タレント養成所に入るためのオーディションなので審査員にこの人を育ててみたいと思わせるような素朴でフレッシュな姿を見せることがベストでしょう。

オーディション内容

タレント養成所に入るためのオーディションを受ける前にまずは自分がどういったジャンルで活動していきたいのか、活動ジャンルを決めることが大事です。役者と一言で言ってもその中身は映画やドラマ等映像の出演を中心の役者。舞台に立つことが主な舞台俳優。アニメや外国映画に吹き替えを中心に活動する声優。ざっくり分けるだけでも3つのジャンルに分かれます。同じ役者と言ってもその3つのどれかを目指すことを決めるだけで入りたい養成所を絞ることができます。舞台俳優、映像俳優、声優ではそれぞれの特殊技術が必要なのでどの分野の育成に長けている養成所なのかをしっかり調べた上で願書を提出しましょう。

願書を提出し、書類選考に通りましたらオーディションの日時が送られてきます。オーディションに行くときの注意としては必ず身だしなみを自分ができる範囲で整えてください。タレントの養成所ですから見た目に清潔感がなければ養成所側もこの人を育てたいと思えないでしょう。必ず時間を守ることも大事です。一般社会と同じ常識を守れるかがオーディションに受かる条件です。

オーディション当日、養成所にもよりますが基本的には自己紹介、特技披露、実技審査が行われます。勿論タレントを目指す人達が入る学校なので上手さを求められてはいません。実技審査は素質を見極めるものなので完成度は求められていないので恥ずかしがらずに思い切りやりましょう。オーディションで一番大事なのは明るく元気にハキハキと自己紹介、質疑応答することです。審査員が見ているのはオーディションを受けに来た人の人間性です。一社会員として恥ずかしくない振る舞いを心がけましょう。

タレント養成所とは

世の中には様々な職業がありますが、最近では芸能界に憧れてそこで働きたいと思う人が増えています。芸能界と一言で言っても俳優、女優、お笑い芸人、アイドル、声優…のように主にテレビや映画、アニメ等に出演するタレント。ディレクターやプロデューサー、カメラマン、作家等作品を作る側のスタッフ。と芸能界で働くといってもその中でも沢山の職業があります。どの職業もとても大変で同時にやりがいのある仕事ですが、憧れる人が多いのはタレントです。表舞台に立つ人は注目されやすいですし、成功すれば大金が手に入ります。目的は様々ありますが、タレント志望の人は相当な数と言って良いでしょう。

タレントになるには普通に一般の社会とは違う芸能界というものに飛び込む覚悟が必要で、何より目指している間はタレントとしての給料が無い、少ない事がほとんどなのでアルバイトをしながら活動や勉強しなくてはなりません。今有名な方もテレビで売れてない時の苦労話をしたりしていますが、それでもどうしても芸能時になりたいという覚悟がある人がタレントを目指します。

どうすればタレントになれるのか?まず目指そうと思ったときにそれが分からない人が多いです。インターネットでは大きい商業作品や大手事務所のオーディションはほとんどなく、何も実績がない状態から大手事務所に入れることは極めて稀で現実的ではありません。タレント養成所に入るのが現実的です。タレント養成所に入る方法は基本的にはオーディションです。当サイトではオーディションについて説明します。